マツダ100周年

日曜日に広島駅に行ったのでその事を書こうかと思いましたが、
今日工場にてマツダ100周年の集まりがあったのでその事を
ちょろっと書きます。日曜日のものはまた今度書く予定。

 鍛冶屋として働いていた松田重次郎さんが、31歳(1905年頃?)の時に
大阪で「松田製作所」を設立。10坪の牛小屋からスタートさせ、事業が軌道に乗ったことで
広島に戻り「広島松田製作所」を設立。その後業績不振だった広島の「東洋コルク工業」へ
周りからの依頼で経営に参加。「東洋コルク工業」初代社長が病気で退任することになり、
松田重次郎さんが2代目社長として就任。このとき1920年、これがマツダの第1期と
見なされているそうです。

ちょっとややこしいですが、最初に設立した会社ではなく、「東洋コルク工業」の社長に
就任した1920年を第1期として数え、今年2020年1月30日が設立100周年
記念日との事。

その後オイルショック、リーマンショック等の経営難を
地域の応援もあり(バチバチもあったそうですが)、乗り越え今に至る、
みたいな感じでした。最後に今期の業績予想の報告で終わりでした。
業績予想は絶対に言えません(笑)

マツダの事を知れば知るほど会社に愛着が沸いてきました。
別の話ですが、広島のある文化をたまたま見つける事ができ、
せっかく広島に住んでいるので広島の事をもっと知りたいと
思うようになりました。出来れば満期までいて広島を知り尽くしたいので
マツダには頑張ってもらいたい。

貯金の事ばかり考えていて、広島の事を知ろうとしていなかった。
受け身でいる事が多かったのでこれからは積極的に文化・観光地等を
調べて興味があるものには関わっていきたいなと思います。
そして無理やりネタにしていきます(笑)

他に取り組んでいる事があるので、なかなかブログ更新出来ませんが
なるべく更新する予定。ただ「姉さん事件です!」的な事が毎日毎日
あるわけではないんで、ただのおじさん日記になるはず。
こんなブログでも見てくれる人がいて、グーグルアドセンスの収入も
牛丼食えるぐらいは発生しましたよ。毎日更新したらPV数がどんな
変化をするか見てみたいので、とりあえず更新を目指します。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました